アジア各国では、どんな SNS が使われている?

SNS 利用状況

この記事は約 2 分で読めます。

SNS を商売に活用することが、増えてきました。
SNSマーケティング」「口コミマーケティング」といった言葉も当たり前のように使われています。
日本では、フェイスブック、ツイッター、LINE、ユーチューブ、インスタグラムが一般的。
では、海外ではどうでしょうか?
特に、発展著しいアジアで、どのSNSが使われているのか、を一枚にまとめてみました。

アジアの SNS 利用状況



※ クリックするとPDFが開きます。

やはり、アジアで使われているSNSは、ほぼ同じです。(中国を除く)

フェイスブックは、アジア共通でほぼ1位。
動画系では、ユーチューブが、フィリピンとオーストラリアを除いて1位。
画像系では、インスタグラムが、日本よりもアジアで流行しています。

ご存知の通り、中国では、情報統制を強めていますので、以上の使用は禁止。

代わりに、
・微博(ウェイボー。中国版フェイスブックやツイッター)
・微信(ウィーチャット。中国版LINE)
・優酷、土豆(中国版ユーチューブ)
などが使われています。



ライター: 植草 啓和(JBマーケット)
優れた日本の商材を国内、海外へ。
https://jbmarket.jp

inbound

インバウンド を 商売に活用 (1) 東京オリンピック 、 ラグビー・ワールドカップ の特需

2018.05.21
ラグビー 和心品質

2019年 ラグビーワールドカップ のインバウンド対策方法

2018.07.19
海外進出

海外進出 ・ 販路開拓 マニュアル (1) まずは決意から!

2018.04.23

新しい記事をメールでお知らせします